進興電気製造株式会社
ISO9001/14001

特長
K型シーズヒータは金属パイプに発熱線を導入し、その周りに特殊絶縁材を充填して、高密度圧縮加工をしたヒータエレメントです。
ヒータエレメントの保護パイプはステンレス製で、耐熱性・耐蝕性に優れています。
K型シーズヒータは、ヒータ径φ12(K12)、φ10(K10)、φ8(K8)、φ6.5(K6)の4種類を標準化しております。
K型シーズヒータの場合、長時間安定してご使用していただくためにエレメントの表面電力密度は、2.5W/cm²以下を標準としております。
K型シーズヒータをU形に曲げ加工したKU型、W曲げ加工したKW型、更にブッシングを取り付けたKUB型、KWB型があります。
端子部加工例
標準型
防滴型
防水型
K型シーズヒータ曲げ加工例
K型シーズヒータの組み込み例

ダクトヒータ
型式 PDFダウンロート
K12型
K10型
K8型

TOP 企業情報 製品情報 Q&A 技術資料 お問い合わせ

Shinko Electric Industrial Co.,Ltd