進興電気工業株式会社
製造部 ISO9001/14001

特    長

  • ヒータエレメントの材質は、耐食性の高い SUS 316 L ( 表面は電解研磨処理 ) と熱伝導の良い銅 ( 表面はニッケルメッキ処理 )の 2 種類を標準化しております。
  • SFW 型の端子部構造は、B 形 ( 端子部露出型 ) 、MC 形 ( 金属キャップ型 ) 、NR・SR 形 ( ゴムキャップ型 ) 、SS 形 ( ガス管型 )PS 形 ( 安増型 ) の 5 種類を標準化しております。
  • フランジのサイズは J I S 規格 ( 5kg/cm2 ) の呼称 40A、50A、65A、80A、100A、150A、200A、250A を標準化しております。フランジの材質はヒータエレメントが SUS 316 L の場合は SUS 304 を、銅の場合は鉄を使用しています。
  • 端子部構造が NR・SR 形、SS 形、PS 形、は密閉構造の防滴仕様になっておりますので屋外での使用も可能です。
  • 長期間安定してご使用していただくためにヒータエレメントの表面電力密度は 10 W / cm2を上限として設計しております。
  • SFW 型ヒータエレメントは、高電力密度 ( 10 W / cm2 ) H タイプ、中電力密度 ( 5 W / cm2 ) M タイプ、低電力密度 ( 3 W / cm2 )L タイプの3種類を標準化しております。
使用方法
フランジヒータはタンク、槽、パイプラインの途中に差し込んで使用するもので、水、油、薬液、洗浄液等の
あらゆる液体の加熱に最適です。
被加熱物をヒータで直接加熱できない場合も水などの媒体を介して間接加熱することが出来ます。
型式コード説明
・型式の表示方法
 @:フランジのサイズ… 40=JIS5K-40A、50=JIS5K-50A
 A:消費電力… 2=2kW、3=3kW
 B:表面電力密度…
 H=高電力密度、M=中電力密度、L=低電力密度
 C:端子部構造… 下表参照
 D:定格入力(電圧)… 100=100V、380=380V、記入無=200V
          (電源入力は三相使用を標準としております。)

*1 端子部記号の説明
B形: 標準タイプ 端子部露出型
NR(SR)形: ゴムキャップ型 SR=シリコンゴム―気密性,耐候性に優れています。(-25〜110℃)
NR=ハイパロンゴム―耐熱性に優れています。(-80〜180℃)

(SFW40型〜SFW80型のみ対応)
MC形: 金属キャップ型 材質:SS,メッキ仕上(SFW40型〜SFW80型のみ対応)
SS形: ガス管型
PS形: 安増型
                  
NR形 MC形 SR形
PDFダウンロード
型式 PDF
ダウンロード
型式 PDF
ダウンロード
型式 PDF
ダウンロード
SFW40 SFW50 SFW65
SFW80 SFW100 SFW150
SFW200 SFW250
上記以外の異電圧、中電力密度型、低電力密度型の製作も行っております。
フランジのサイズは 600 A まで製作できます。
使用上の注意
  • SFW 型のヒータエレメントは、水加熱用に設計されたものですので水加熱以外には使用しないで下さい。SFW 型以外にSFO 型( 油加熱用 ) などの専用ヒータを取り揃えております。使用条件に合ったヒータをご使用ください。
  • 水質や使用環境でヒータの寿命は変わります。表面電力密度は余裕をもって設計することや定期点検 ( ヒータ表面の水垢・炭化物等の付着物除去など ) が必要です。
  • SFW 型のヒータは空焼きしないでください。火災や製品の寿命を縮める原因となることがあります。
  • SFW 型は、温調用サーモスタット、又は過熱防止用サーモスタット取り付け型も製作いたします。
| TOP | 企業情報 | 製品情報 | Q&A | 技術資料 | お問い合わせ |
Shinko Electric Industrial Co.,Ltd